パネライウブロの買取注意点

パネライ・ウブロ買取でご注意いただきたいこと

 現在都内の時計店や質屋さん、買取グループ店などにおいて直接の来店査定時に、保証書などが付属していないパネライやウブロのお時計を一時的にお預かりするケースが増えております。

 これはいわゆる真贋を確認するためであったり、買取後のお時計にメーカーサイドで確認済という証明書を添付するために行われております。そのため買取を希望するお客様は数日から1週間前後、お時計を預けた状態となってしまいます。この流れは現在広がっており、似たケースでは一旦買取してお店側がお金を支払いますが、後日贋物と判断した場合には返金をお願いしますというパターンも増えております。

 贋物を意図的に売ろうとする行為は犯罪ですが、中には中古で購入した時点で付属品がなかった場合や友人からプレゼントされたもの、個人間のオークション取引など知らない間にコピー品などを入手している可能性は否定できません。最近では一見わからないレベルのコピー商品も出回り始めております。

 時計王では元来、査定品が送られてきた当日に査定額をお客様に提示し買取を行ってまいりました。しかしながら各取引先が上記のように移行している関係から、誠に恐れ入りますが弊社でも即日の買取が行えない場合、または買取商品がメーカー確認などでオリジナルと認められなかった場合に買取金額の返金をお願いする場合があることを何卒ご了承ください。
 
 真贋に関してはそれを判定するのがプロですし、私も従来そうしたスタンスで買取を行ってまいりました。しかしながら弊社商品卸し先がそういった流れである以上、メーカー自身の回答や確認明細がないものを一般相場よりも高い時計王の買取価格に合わせることが適いません。

現状ではまだ都内大手店舗やグループ店舗など以外では行っていないところもあるようですが、今後間違いなく付属品のないパネライ・ウブロに関しては商品をお預かりするか買取成立後でも返金できる旨の説明が増えていきます。
ご所有される方は大変驚かれると思いますがそれほど精巧な偽物を含んだコピー商品が横行していることをご理解いただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)